SOTO ST-310で使う風防をちょっと変えるだけで劇的に使いやすくする

スポーツ&アウトドア
この記事は約3分で読めます。

はい!どうも!てっさんです。
SOTOのST-310を風防で囲ったら使いにくいって思いません?

SOTO ST-310の操作部分が隠れる

SOTO ST-310の操作部分が隠れる

こんな感じになるから

多分日本に4万人位はこの悩みで夜も眠れないのではないでしょうか?
私もその一人です。

理由としてはガス缶を逃がすために、操作部分は風防の壁側に置かないといけないので若干使い辛いと・・・

点火する時はいいんですよ。
ただ、火の調整が非常にやり辛いんですよね。

なんとかならんかな?と思って今回『風防をカスタマイズ』してみました。
ではいってみましょう。

操作部分にあたる風防の壁を半分に切ったら使いやすくなるんじゃ?

ネットの世界は広いですから、今回も既にやってる人いました。
http://cospa-camper.blog.jp/161216-st310-bouhuutaisaku-ketteiban

上記URLからパク・・・ではなくインスパイアさせて頂きました。

要は、半分に切ってガス缶の逃げ道を作れば操作部分が劇的に扱いやすくなるという事なんです。ハイ。

まじ天才か。

用意するもの

カッターナイフ
定規

風防を解体する

作業しやすいように、風防の板を取り外します。
ほんと簡単で、風防の板と板の間に棒が刺さってるだけなので、風防に付いてる棒を引き抜きます。

あら簡単。

風防を切る

板の部分は、『えいやっ!』って力入れたら簡単に曲がるぐらいの強度なのでカッターナイフで傷を付けたら後はグニグニ折り曲げたら自然に折れます。

最終的には切ると言うより折る感じですね。

ちゃんと図った方がいいけど、切る場所は大体風防の半分ぐらいでOKです。

カッターナイフでかる~く当たりを付けて定規を使ってカッターナイフでちょっと強めに傷を付けます。

こんな感じ

あとはグニグニして

パキリンコ。

設置してみる

切れたら後は先程外した棒を元に戻します。簡単やわぁ~・・・

完成品がコチラ!

切った箇所からガス缶が出てるので操作部分が劇的に扱いやすくなりました!
これで火傷の心配ともおさらばですし、精神衛生上も良いと・・・

肝心の風よけも問題なさそうです。
ちょっと隙間開いてるけど、この程度なら問題ありません。

実際に使ってみた動画がこちらってのは無くて説得力全然無いけどw
扇風機当てて試そうかと思ったけど、危なそうだから辞めときました。

ダッチオーブンを乗っけてみる

キャプテンスタッグの22cmのダッチオーブンを乗せてみました。

ST-310の許容は19cm?20cmだったか・・・ちょっと忘れましたが22cmのダッチオーブンを乗せても使えそうな感じ

でも、まぁ使わんかな・・・
爆発怖いし・・・

SOTO ST-310で風防をカスタマイズして操作性がよくなった

ちょっとしたカスタマイズでST-310の操作性が劇的に良くなりました。
小さな事だけど、これもキャンプやアウトドア環境を良くする事に繋がるので楽しいですね。

やっぱりこんな事も考えて楽しめるキャンプは最高やで。

それではまた会う日までバイバイ!

この撮影の裏側を読むと2倍楽しめる動画はこちら!
宜しければチャンネル登録・評価・コメントも頂けたら今後の糧となります!宜しくお願いします

SOTO ST-310で使う風防をちょっと変えるだけで劇的に使いやすくする

コメント

タイトルとURLをコピーしました